の代表的な成分

01.

毛髪を構成するケラチンタンパク質

毛髪の組成

  • タンパク質(ケラチン)約85%
  • 水分10%
  • メラニン色素
  • 脂質

毛髪の約85%は「ケラチン」というタンパク質でできています。

円グラフ
02.

Aujuaの代表的な成分
CMADKとは?

ケラチンは毛髪を形成するタンパク質です。
毛髪補修成分である加水分解ケラチンは、
毛髪に浸透する効果的なダメージケアの素材として多く使われています。
CMADK*1は毛髪ケラチンに更に強く吸着できるCMAD基を持っており、
ミルボンオリジナルの次世代型ケラチンとして世界で初めて工業化に成功した素材です。

*1 カルボキシメチルアラニルジスルフィドケラチン

分子モデル
03.

CMADKを用いた効果的なエイジング毛のケア方法を開発
CMADKの補修メカニズム

ケラチンには毛髪の強度と関係が深いSS結合と呼ばれる結合が多く存在しています。
ケミカルダメージを受けた毛髪や、エイジング現象が起こっている毛髪はそのSS結合が減少しています。
このような毛髪には破損したSS結合の欠片「-S」が存在しています。
CMADK中のCMAD基はこの‐Sに強く吸着することができるので、
従来の加水分解ケラチンよりも定着しやすい性質があります。

CMADKを処理すると内部まで浸透し、
ケラチン量が増加します。

CMADKの毛髪内部浸透確認

各シリーズ*1 共通成分

日本人女性の髪の美しさの根源、「しなやかな弾力」の再生へ
「アミノスプリング」という答え

私たちは、日本人の髪の美しさである「しなやかな弾力」を取り戻すため、
α-ヘリックスを構成するアミノ酸の一つ「グルタミン酸」の構造を持つ、
毛髪補修成分「アミノスプリング*2」に着目しました。
アミノスプリングは分子量が648と比較的小さいため、毛髪の内部へと浸透し、補修していきます。
日本人女性の髪に、しなやかで弾む美しさを与えます。

*1 エイジングケアシリーズ・ヘアケアシリーズ・スカルプケアシリーズ・クライマティックケアシリーズ
*2 ラウロイルグルタミン酸ジヘキシルデシル

日本女性の髪と地肌の研究