毛髪内部を補修し、やわらかな髪へ

ブローやヘアアイロンなどの熱で硬くなった髪の悩みに。
毛髪内部を補修し、やわらかな髪へと導きます。

製品理論

熱で髪が硬くなる原因

[タンパク質の変化] ドライヤーやヘアアイロン等により髪にくり返し熱が加わると、タンパク質が変性してリジノアラニン結合*が発生し、髪が硬くなります。
*リジノアラニン結合:毛髪を構成するアミノ酸であるリジンとアラニンの結合

図1

キャッチ文章

アミノリラクサー*

図3
図2
フレグランスのお話

Story of fragrance

「熱で硬くなった髪に、深みのある極上のツヤがよみがえるように」という想いをこめて。
深みのある色が印象的な「赤薔薇」をイメージして調香しました。

花

TOTAL HAIR CARE

SalonCare

4 Step Salon Treatment
商品画像
4ステップサロントリートメント

※プロの技術とともに、髪の悩みの原因を集中的に補修します。

フィルメロウ 1 / 2 / 3 / 4

熱で硬くなった髪に柔軟性を与え、毛先までやわらかな髪にします。
※フィルメロウ1はカートリッジ式です。

HomeCare

商品画像

フィルメロウ シャンプー

髪をやわらかく洗い上げ、トリートメントの
作用しやすい下地をつくります。

250mL2,500円 (税抜)
500mL3,800円 (税抜)
1L5,700円 (税抜)
商品画像

フィルメロウ ヘアトリートメント

やわらかくなめらかな髪に仕上げます。

250g3,500円 (税抜)
500g5,300円 (税抜)
1kg8,000円 (税抜)
洗い流さないトリートメント

※タオルドライ後に毎日お使いいただけます。

商品画像

フィルメロウ ミルク

やわらかく指通りの良い、扱いやすい髪にします。

120g2,600円 (税抜)

商品の使い方

HOW TO USE
IN BATH

商品画像
フィルメロウ シャンプーの使い方

使用量の目安(セミロングの場合)2〜3プッシュ(500円玉大2〜3個分)
1
手順説明イメージ

毛先は特にもつれやすい為、毛先からブラッシングし、次に根元からゆっくりと髪をとかします。

2
手順説明イメージ

シャンプーを付ける前に、38度くらいのぬるま湯でしっかりとお湯で髪と地肌の汚れを落とします。

3
手順説明イメージ

まずは適量を手に取って、手のひらでよく泡立てたあと、髪よりも地肌を洗う感覚で、指の腹で地肌を優しく撫で、汚れを揉みだすように洗います。

4
手順説明イメージ

最初に余分な泡をしぼり取り、たっぷりのぬるま湯で完全にすすぎ流します。このとき髪内側は忘れやすいので、念入りに洗い流しましょう。生え際や耳の後ろ側などもしっかり流します。

商品画像
フィルメロウ ヘアトリートメントの使い方

使用量の目安(セミロングの場合)2〜3プッシュ(スパチュラ2〜3杯)
1
手順説明イメージ

シャンプーをしっかりと流したあとは、水気を軽く切ります。軽く髪の毛束を握るだけで大丈夫です。水分を切ることで、薄まりを防ぐことができます。

2
手順説明イメージ

シャンプーと違い、地肌に付けるのではなく、髪全体に浸透させましょう。傷みやすい毛先は特にいたわり、また頭の後ろ側にもなじませましょう。最後に手ぐしでとき、さらになじませます。

3
手順説明イメージ

髪にトリートメントを十分馴染ませたら、ぬるつきがなくなるまですすぎます。毛先はタオルに水を吸わせましょう。

OUT BATH

商品画像
やわらか・さらさらフィルメロウ ミルクの使い方

使用量の目安(セミロングの場合)パール粒大2個分
1
手順説明イメージ

タオルドライ後、傷みがちな毛先を中心に塗布します。

2
手順説明イメージ

髪の内側からなじませ、最後に残りを表面になじませます。

3
手順説明イメージ

根元から毛先に向かって、内側から指を通しながらドライヤーをかけることで、おさまりが良くなります。

Point1

髪に指を通して、軽く引っ張りながらドライヤーをかけると、
ツヤが出て指通りが良くなります。

Point2

毛先部分はドライヤーを上からあてます。
毛先までまとまりやすくなります。