トップのボリュームが気になりだした方へ。やわらかで健やかな地肌を保ち、ふんわり立ち上がる髪へ

年齢とともに硬くなる地肌を、地肌マッサージとともにやわらかく
健やかに保ち、ふんわりと立ち上がるボリューム感を髪に与えます。

保湿成分
グルコサミン
ヒアルロン酸の構成主成分である保湿成分グルコサミン*

・ 親水部が水分を保持します。
・ 分子量が小さく角質層に浸透し、やわらかで健やかな地肌を保ちます。

*アセチルグルコサミン

保湿成分
モイスチュアベール
地肌の角質層表面を保湿する成分モイスチュアベール*

地肌の角質層表面を保湿し、やわらかく動きやすい状態を保ちます。

*シャンプーに配合

*PPG-3カプリリルエーテル

保湿成分
ヒアルロン酸Na
地肌を保護しながら保湿する成分ヒアルロン酸Na

地肌の角質層表面を保湿し、やわらかく動きやすい状態を保ちます。

*マスク、地肌用リーブイントリートメントに配合

地肌がうるおうメカニズム
AGINGSPA
FRAGRANCE 香りについて
菖蒲(あやめ)「これからもずっと、うるおいとやわらかさを保ち続けたい」という想いをこめて「菖蒲(あやめ)」をイメージ。

SALONCARE

SCALP CARE MENU
商品画像
スカルプケアメニュー

オージュアスパオイル

プロのマッサージ技術とともに、髪の美しさの基盤である地肌環境を整え、
ご自宅で髪の美しさを育みやすい状態をサポートします。
気分に合わせて、4つの香りからお選びいただけます。

ポジティブフィール、オレンジの香り/ファインフィール、シダーウッドの香り/カームフィール、ラベンダーの香り/バランスフィール、ゼラニウムの香り

HOMECARE

商品画像

エイジングスパ シャンプー

地肌をやさしく洗い上げ、うるおいのある健やかな地肌を保ちます。

250mL¥3,080(税込)
500mL¥4,620(税込)
1L¥6,930(税込)
商品画像

エイジングスパ クリアフォーム

濃密な炭酸泡と地肌マッサージで血行促進。皮脂汚れを取り、健やかな地肌を保ちます。

170g¥3,080(税込)
320g¥4,400(税込)
商品画像

エイジングスパ リラクシング マスク

地肌を保湿し、やわらかでうるおいのある健やかな状態に保ちます。

250g¥4,180(税込)
500g¥6,270(税込)
1kg¥9,460(税込)
地肌用リーブイントリートメント
商品画像
エイジングスパ リフティング ローション

うるおいをしっかり閉じ込め、健やかな地肌を保ちます。

100mL¥2,200(税込)

商品の使い方

HOW TO USE
IN BATH

商品画像
エイジングスパ シャンプーの使い方

セミロングの使用量目安:2〜3プッシュ(500円玉大2〜3個分)
1. 予洗い・泡立て

約38度のぬるま湯で充分に髪を濡らした後、適量を手にとり、手のひらでよく泡立てます。

予洗い・泡立て
2. 洗う

たっぷりの泡で地肌をつかんで、汚れをもみ出すように、ていねいに洗います。

洗う
3. 泡なめし

泡で髪を包み、根元から毛先まで指先で優しくなでるように泡をすべらせます。

泡なめし
4. すすぎ

たっぷりのぬるま湯ですすぎ残しがないよう充分に洗い流します。

すすぎ

商品画像
エイジングスパ クリアフォームの使い方

セミロングの使用量目安:グレープフルーツ約1個分(直径10㎝程のボール大)
1. 予洗い

約38℃のぬるま湯で充分に髪を濡らします。

予洗い
2. 塗布

容器を縦に10回程よく振り、正立の状態で適量の泡をとり、地肌になじませます。

塗布
3. 洗う

指の腹でらせんを描くようにマッサージをしながら地肌を洗います。

洗う
4. すすぎ

たっぷりのぬるま湯ですすぎ残しがないよう充分に洗い流します。

すすぎ

商品画像
エイジングスパ リラクシング マスクの使い方

セミロングの使用量目安:2~3プッシュ(スパチュラ2~3杯)
1. 塗布

毛先を軽く絞って水気をきり、適量を手に取ります。

塗布
2. 地肌マッサージ

地肌全体に行き渡らせ軽くマッサージを行います。

マッサージ
3.

その後、中間~毛先にもなじませます。

4. すすぎ

たっぷりのぬるま湯ですすぎ残しがないよう充分に洗い流します。

すすぎ
OUT BATH

商品画像
エイジングスパ リフティング ローションの使い方

使用量目安:全頭15プッシュ
1.

タオルドライ後、適量を地肌にまんべんなく塗布します。

塗布場所
2.

両手で地肌を包み込み、リフトアップするように地肌全体をマッサージした後、乾かします。

[ 髪の美しさを育む地肌のセルフマッサージ ]

該当項目が多い部位をマッサージしましょう(目安時間:各30秒)
  • おでこのしわ
  • 目が疲れやすい
  • 思考による疲れ
生え際

指の腹を生え際におき、つむじに向かって円を描くように引き上げます。

生え際
  • 地肌が硬い
  • 疲れがたまっている
  • ストレスをためやすい
トップ

両手を組み、手のひらの付け根でハチを挟むように強めに引き上げます。

トップ
  • 目が疲れやすい
  • 我慢する状態が続く
  • ストレスをためやすい
側頭部

耳上に手の平をおき、目がつり上がるくらいの力加減で円を描くように引き上げます。

側頭部
  • 首・肩の疲れ
  • 同じ姿勢が長時間続く
後頭部

襟足のくぼみに親指をおき、円を描くように引き上げます。

後頭部
  • 顔がくすみやすい
  • 手先足先が冷える
耳まわり

両耳を、上・横・下方向へ引っ張ります。

耳まわり